こども教室≪もんじゅ≫では、現代版の「読み・書き・そろばん」を通して、お子さんの可能性をひろげていきます。
≪もんじゅ≫ブログ

教材・授業紹介

生きた偉人の姿と言葉

 ≪もんじゅ≫の音読・書きとりコースでは、毎回50分間で小学生対象に、①漢字・アルファベット、②算国理社英5教科の基礎知識、③語彙・教養の3つの内容を勉強します。先日は4年生の授業で教養的知識として、マーティン・ルーサー …

自由な質疑応答がある教室

   先日、当教室の個別指導コースに入会したばかりの小学6年生の男子に、日本史を教えました。日本人と日本文化の起源について話を始める際に、まず世界地図を見てもらいました。  「日本人はどのあたりからやってきたと思う?」と …

チームで辞書引き

   ≪もんじゅ≫では、生徒さんによく辞書をひいてもらいます。国語辞典、漢和辞典、英和・和英辞典、各種事典などなど。冊子体の辞書と電子辞書のどちらを使うべきかを論じると長くなるので、それは別稿にゆずりますが、≪もんじゅ≫ …

「イメージできること」を大切に

 ≪もんじゅ≫ではどの教科を教える時にも、「イメージできること」を重視します。  先日、小学校2年生の容積の単位換算を、音読・書きとりコースの授業で取り上げました。L(リットル)・dL(デシリットル)・mL(ミリリットル …

マンガ『日本の歴史』と歴史に関連する物でイメージをふくらます

   ≪もんじゅ≫で男子生徒に「学校の好きな教科」を尋ねると、面白いことに多くが「歴史」と答えます。男の子にとって歴史は、信長・秀吉・家康のような天下人や、正宗・謙信・信玄などの戦国武将などのヒーローが魅力のようです。女 …

外国語のあいさつで、その国の民族性がわかる

 あいさつの話題は、各国それぞれです。昨日≪もんじゅ≫の個別指導で、中学生の夏休みの宿題の手伝いをしました。学校で配布された英語ドリルのマル付けと説明をしていたところ、英会話ではお決まりの「週末は楽しかった?」(ドリルの …

戦火から本を守った女性の記録『バスラの図書館員』を読んで

 先日、≪もんじゅ≫の小学生の生徒さんから素敵な本を教えてもらいました。≪もんじゅ≫夏期講習で、読書感想文を書くお手伝いをしていた時に、ある生徒さんが読書感想文用の本を持ってきてくれました。お母さんが選んだという本は、『 …

東京珠算選手権大会参加と選手団のふり返り

7月2日(日)に、全国珠算教育連盟東京都支部主催の東京珠算選手権大会(平成29年度)が国立オリンピック記念青少年総合センターで開催され、≪もんじゅ≫の生徒6名が参加しました(写真上は小学4年生以下の部の会場)。2013年 …

古典を絵本で読む

 わが家の教室≪もんじゅ≫では、音読と暗唱を大切にします。それが日本語のリズムを覚えたり、文学作品への親近感を抱かせたりするのに役立つからです。幼稚園児から小学校高学年の生徒まで、古典作品の音読をする際には、絵本を使うと …

ゴールデンウィークに一句

 わが家の教室の生徒さんの小学校6年生の女の子が、学校の国語で出た「GW(ゴールデンウィーク)課題」を持ってきました。課題は「短歌を2首つくりなさい」と「俳句を1句つくりなさい」でした。  「なにを詠めばいいですか?」と …

週めくりカレンダーと世界地図

 こども教室≪もんじゅ≫は玄関を入ると、ヨーロッパを中心に据えた横幅1メートル余りの大型世界地図が正面に掲げてあります(写真下)。英語で表記された地図を見て、世界を視野に入れた感覚を身に付けたり、ふだん見慣れたアジア中心 …

意外にも国際政治記事が好きな小学生

 最近、個別指導コースも始めた、そろばんコースの小学校4年生の生徒さんがいます。あまり本を読む習慣がなく文章を書くのが苦手なんですと、お母様からご相談を受けました。そこで、小学生向け新聞の書写を始めました。全部で20ペー …

作文・読書コースのワークシートがこんなに!

≪もんじゅ≫の作文・読書コースを簡単にご紹介します。同コースは毎週、①読解、②日記、③新聞書写、④読書感想文の4種のワークシートうち、①は必修、②~④は自由選択で記入して提出するものです。これらはいずれも基本的に記入ペー …

日曜日に選手団が集まって大会に向けて練習しました

 2月に参加予定の珠算大会に向けて、出場予定の選手を集めて特別練習を昨日の日曜日に行ないました。普段は違う曜日に通っていて顔を合わせたことのない生徒同士が顔を合わせると、最初は少しの緊張とよそよそしさがあります。でも練習 …

勉強を楽しくする音読

 ≪もんじゅ≫の音読・書きとりコースでは、主要科目の基礎知識を音読します。きのうの小学校1年生の授業を例に授業の一部をご紹介します。昨日は「日本の高い山」3つを覚えました。1位は外国人でも知っていますが、2位と3位の山を …

個別指導の要諦① 「だいたいわかっている」から「確実に解答できる」へ

 ≪もんじゅ≫は今年、生徒さんの保護者の方々からのリクエストをいただき、6月から個別指導コースを新設しました。おかげさまで、新コースを開講している曜日――月・水・木・金曜日はすべて個別指導コースの授業が開講され、毎日小中 …

チームで取り組む辞書調べ

 音読・書きとりコース4年生の最近の授業をご紹介します。  先週、同訓異字の漢字を勉強した時の例です。 【あける】 夜が明ける。目を開ける。家を空ける 【あつい】 暑い夏。熱いお茶。厚い本 【おさめる】国を治める。お金を …

文字を書き始めること、そろばんの珠を動かし始めること

 子どもは鉛筆で なにかを描いたり、小さなものを動かしたりすることに興味を持ちます。そこで、そろばんを習い始めた小さなお子さんには、数を理屈で説明するよりも、とにかく線や字を書いてもらい、そろばんに触ってもらいます。   …

「将来、何になりたい?」

 ≪もんじゅ≫の音読・書きとりコースでは、「自己表現の練習」として学年ごとに将来の職業につながる質問をしています。たとえば、小学校2年生には「お父さんとお母さんのすごいと思うところ」を、また小学校3年生には「あなたの好き …

将軍たちの名前を言えますか?

 今月の≪もんじゅ≫「音読・書き取り」コースの4年生の授業では、鎌倉将軍3人と室町将軍3人を勉強しました。主要な将軍をまず3人ずつ覚えれば、他の将軍や執権は派生的に覚えていくことができます。  鎌倉源将軍3代は、源(みな …

簡潔な文章=ベストな文章?

 ≪もんじゅ≫の作文・読書コースでは、毎週1枚のペースでワークシートを提出してもらいます。ワークシートには課題図書15ページ前後に関する設問がいくつかあり、生徒はそれに解答します。解答は60~110字までの字数指定があり …

「10になるお友だち」と「5になる仲よし」

そろばんの最大の特徴は、 数字をそろばんの珠(たま)で可視化することです。 1~9の数字をケタごとに 5珠(ごたま)1つと、1珠(いちたま)4つの 5つの珠の組み合わせで表わします。 足し算、引き算、掛け算、割り算の計算 …

小5生徒の作文ワークシート一例

 ≪もんじゅ≫の作文・読書コースでは、毎週ことなるテキストを1冊ずつ、それぞれ15ページほど読み、作文ワークシートの設問に答えていきます。そのうちの1つに、「あなたが作者なら、この作品のどこをどのようにかえますか」という …

公立中高一貫校受検と作文

近年、新しい公立学校制度である中高一貫校が注目されています。その理由に、授業料は公立として無料でありながら、私立のように独自のカリキュラムを組んでいることや、難関大学への進学実績を上げていることがあります。そして、脱偏差 …

読書感想文であらすじを書きますか?

毎年夏休みの課題などで小学生が頭を悩ますのが、読書感想文ではないでしょうか。その悩みの1つに、あらすじを書くかどうかがあります。なぜなら、感想文を受け取る先生は、すでに課題図書の内容を知っているはずだし、あくまでも感想文 …

名作たる所以

台風一過、急に肌寒くなってきました。もう秋ですね。 読書の秋、音読・書き取りコースで取り上げた川端康成の「雪国」の冒頭について少しお話します。 川端康成と言えば、日本で最初のノーベル文学賞を受賞した文学者です。 私にとっ …

ギリシャ神話と古事記

≪もんじゅ≫の音読・書き取りコースでは、算数・国語・理科・社会・英語の知識をまんべんなく取りあげて、テキストにしています。3年生の7月のテキストでは、星座「夏の大三角・冬の大三角」を勉強します。夏の大三角とは、こと座のベ …

最古の和歌とスサノオの物語

日本最古の和歌をご存知でしょうか。以下の歌がそれです。 【和歌】 八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣つくる その八重垣を 【読み】 やくもたつ いずもやえがき つまごみに やえがきつくる そのやえがきを 【意味】 雲 …

吉田松陰とグローバル人材育成

 多くの日本人にとって、吉田松陰という名前は聞き覚えがあると思います。松下村塾という私塾でわずか2年ほど教えていたにすぎませんが、伊藤博文(初代総理大臣)、山縣有朋(第3代総理大臣)、高杉晋作(騎兵隊創設者)、久坂玄瑞( …

七福神② べん天、ほてい、ふくろくじゅ、じゅ老人

 「べんてん様」と呼ばれるのは、弁財天または弁才天と書かれるインドの女神サラスヴァティです。サラスヴァティはインドの母なる大河インダス河の神様といわれており、そこから人々に恵みをもたらす神であるとされています。豊穣の神様 …

七福神① えびす、だいこく、びしゃもん天

 あけましておめでとうございます。お正月ですから、おめでたい話のウンチクを少しばかり書かせていただきます。  ≪もんじゅ≫では、課外学習として遠足「鎌倉七福神めぐり」を1月に実施予定です。それにあわせて、教材の中でも七福 …

書き順――日本人は真面目すぎ?② アルファベット編

 書き順で悩むのは漢字ばかりではありません。アルファベットも同じです。たとえば、アルファベットの大文字「A」の第1画はどこから書き始めるでしょうか。左側の斜め棒であることは、ほぼ全員一致するでしょう。では、それを上のとが …

書き順――日本人は真面目すぎ?① 漢字編

 ≪もんじゅ≫音読・書きとりコースでは、ひらがな、カタカナ、各学年の漢字、アルファベットなどの文字を練習します。当教室オリジナル教材では、すべての新出文字に書き順を参考表示しています。ただし、この「書き順」が悩ましいので …

ちょっと啄木を

≪もんじゅ≫の音読・書きとりコースでは、古典・近代文学作品の抜粋の暗誦をしています。 今週の小学校2年生のテキストには、石川啄木(いしかわ・たくぼく)の有名な一句   ふるさとの訛なつかし 停車場の人ごみの中に そを聴き …

孔・孟・老・荘・孫・・・

≪もんじゅ≫の音読・書きとりコースでは、 各学年で中国の古典の言葉を4つずつ覚えていきます。 全体の半分は儒学の大家である孔子や孟子の言葉を覚えます。 たとえば、 「巧言令色すくなし仁。」 「過ちて改めざる、これを過ちと …

音読って何を読むの? ―― 夏期講習テキストから一部紹介

≪もんじゅ≫の音読は、国語・算数・社会・理科の4科目の基礎知識を バランスよく七五調のテキストにして覚えていくものです。 今月実施した夏期講習のクラスで使用したテキストの中から、その一部をご紹介します。 クラス「ひらがな …

熱くなれる(?)教材

教材というと教科書、参考書、問題集など堅いイメージがつきものですが、 子ども用の教材にはカルタがおすすめです。 カルタは、遊びながら知識を頭にたくわえられます。 書店でもよく置いている『小倉百人一首』や『都道府県カルタ』 …

「それ恕(じょ)か」

≪もんじゅ≫の「音読・書きとりコース」では、 世界の聖人・賢人の言葉をテキストの一部に取り入れています。 子どもの時分に、学校のテストに役立つ知識だけでなく、 人生の規範もいくつか学んでおいてもらいたいからです。 お子さ …

音読テキスト・サンプル

≪もんじゅ≫の音読・書きとりコースでは、毎回テキストを3枚配布します。 1枚目は、文字・単語です。 最初、幼稚園年長児向けには、あいうえお50音の読みと書き、 小学校1年生・2年生向けには、各学年の漢字5文字ずつを、 勉 …

もんじゅ十則

当教室には、10の約束ごと――「もんじゅ十則」があります。 一   五分前 早めに着いて 準備よし 二   玄関で 靴、服、笑顔を 整えよう 三   教室に 入る時には 「こんにちは!」 四   お返事は 大きな声で 「 …

いろはにほへと

「いろは」は、よく学校の試験問題で、 (1)(2)(3)、(A)(B)(C)、(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)、(ア)(イ)(ウ)などとともに、 選択肢の記号として多用されます。 でも、「いろは」に続く文字を、ごぞんじでしょうか。 「 …

音読教材のご紹介

≪もんじゅ≫の「音読・書きとりコース」では、独自に作成しているオリジナル教材を毎回3枚ずつ生徒さんに渡し、大きな声で読んでいきます。 ≪もんじゅ≫では、「言葉」を大切にしますので、漢字や語彙を中心に論語や詩、文学作品の抜 …

Copyright © こども教室 ≪もんじゅ≫ All Rights Reserved.