こども教室≪もんじゅ≫では、現代版の「読み・書き・そろばん」を通して、お子さんの可能性をひろげていきます。
≪もんじゅ≫ブログ

新聞・雑誌・書籍から

公文とそろばん

 「公文とそろばん、どちらがいいんですか?」 当教室の体験授業にいらした保護者の方からよく受ける質問です。昨日、見学にいらっしゃったお母様からも尋ねられました。  私自身は小学生の時にどちらも習っていて、学校や受験の計算 …

大学入試改革の作文導入案が具体化

 昨日(2016年12月4日)の朝日新聞1面のトップニュースは、「国立大入試 記述2種必須」でした(写真上)。2020年度からの大学入試で、①80字以内の作文(中難度)と、②80字以上の作文(中高難度)の2つを入試で課す …

小学生の受験が増えている英検

 今年の6月から正式に当教室で「個別指導コース」を開設したところ、受講生の小中学生に英語を教えることが予想外に多いことから、英語教育について考えることがよくあります。そこで、実用英語技能検定(英検)についての新聞記事を目 …

家庭学習とEQ(心の知能指数)

 『子どもの頭を良くする勉強法――14歳までに教えるべき「生きる術」』(伊藤真、KKベストセラーズ、ベスト新書、2015年6月出版)を読みました。著者の伊藤氏は、東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、司法試験受験対策等 …

倉本聰「おやじが僕にたたきこんだ教育」

8月1日から『日本経済新聞』の「私の履歴書」欄は、脚本家の倉本聰(くらもと そう)氏が書いています。 倉本氏は1934年に東京で生まれました。東京大学文学部を卒業後、ニッポン放送に入社しますが、4年後に退社、フリーの脚本 …

「ママは大きくなったら、何になりたいの?」

全国珠算教育連盟の名誉会長が、宇宙飛行士の山崎直子さんであることは、 このブログでも過去に取り上げたことがありました。 わが家の書棚にあった山崎さんの著作 『何とかなるさ!』(2010年、サンマーク出版)を手に取って、 …

「正解も4択もなくします」

 今週の週刊『AERA』(2015年3月16日、No.11)に、下村博文(しもむら はくぶん)文部科学大臣、五神真(ごのかみ まこと)東京大学次期総長、藤原和博(ふじはら かずひろ)教育改革実践家、お三方の鼎談記事「正解 …

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!

昨年12月に出版された松永暢史氏の『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!』(すばる舎)に、小学生の教育に関して示唆深い言葉が多く凝縮されていましたので、以下にご紹介します。(中略部分は「…」で示しています。)   …

知的好奇心を喚起する音読 ―― 平家物語から

独自の歴史観で読者を楽しませてくれる井沢元彦氏の著書『伝説の日本史 第2巻 源氏三代、血塗られた伝説』(光文社、2013年)に、興味深い記述がありました。 「祇園精舎の鐘の声…」で始まる『平家物語』はもともと書物ではなく …

中学受験の新科目に英語、作文!?

先日の『日本経済新聞』(2014年11月22日夕刊第1面)に、衝撃的(?)なニュースが載っていました。「中学受験 英語でも―――首都圏私立少子化で特色競う」と題する記事です。英語を学習する小学生が増えていることと、各校が …

「そろばん塾 厳しいけど楽しい」

2014年11月15日(土)『朝日新聞』朝刊26面に「そろばん塾 厳しいけど楽しい」という記事が掲載されていましたので、一部をご紹介します。「いま子どもたちは」というシリーズものの第815回の記事です。今回は、東京都墨田 …

子どもと一緒に検定受験、1級合格88回

『日本経済新聞』に「珠算パチパチ1級88回」という記事(2014年9月2日朝刊36面)が掲載されていました。素敵な記事ですので、要約してご紹介します。 大阪市にお住まいの河村信子さんは現在68歳、小学校4年生からそろばん …

教養のススメ

いまや日本を代表するジャーナリストといえる池上彰氏の新著『池上彰の教養のススメ』(日経BP社)を読みました。同著の中には、なるほど!と、思わずヒザをたたく文章がいくつもあったので、いくつかを語録的にご紹介します。 * * …

「教科書を7回読むだけで断然トップに」

月刊誌『プレジデントファミリー』2014年4月号に興味深い記事が掲載されています。 最近テレビで時々お見かけする弁護士、山口真由さんの勉強法が 「教科書を7回読むだけで、断然トップになれた!」という記事にまとめられていま …

新聞記事「暗唱やはり大切」

12月20日の『日本経済新聞』夕刊に「暗唱やはり大切」と題した記事が載っていました。内容はまさに≪もんじゅ≫が音読・書きとりコースでやっていることそのものなので、思わずとりあげました。以下は記事からの抜粋です。 **** …

記憶力の達人

昨日6月13日の『朝日新聞』夕刊に 「華麗な人 覚えた言葉脳の栄養」と題した興味深い記事が載っていました。 古事記の編纂に貢献した稗田阿礼(ひえだのあれ)の記憶力を記念して、 阿礼の出身地の奈良県大和郡山市で「記憶力大会 …

Copyright © こども教室 ≪もんじゅ≫ All Rights Reserved.